鉄道気分

鉄道気分な活動日誌

今後の活動指針について【第3報】

日頃よりブログ「鉄道気分」をはじめ、SNS投稿をご覧いただきありがとうございます。

 

当活動では5月31日より

https://www.tetsudo-kibun.jp/entry/2020/05/31/003706

上記記事の指針に基づき行動してまいりましたが、今後の活動について一部指針を改定します。

 

対象期間は8月10日より当面の間とします。

(本投稿をもって下記の内容を第三者に慫慂するものではありません。また、第三者を批判する意図は一切ありません。)

 

【活動指針】

1.山梨県内での活動を再開します。

①既に通常活動を再開している長野県内に加え、山梨県内での活動を再開します。

 ただし、山梨県内での活動については多頻度にならないよう調整します。

 活動時の3密状態防止、ソーシャルディスタンスの実施を継続します。

山梨県の選定理由は、県内新規感染者の推移が少ない値であること、活動拠点の松本市からの交通アクセスがよく中央東線を通じ活動する場面が多いこと等です。

②長野県および山梨県外での撮影活動を含む趣味活動は自粛を継続します。

 

2.趣味活動での公共交通機関の利用を再開します。

・利用を再開しますが、利用する頻度は極力少なくします。また、利用にあたっては基本的な感染防止対策を遵守します。

 

3.旅行・遠征活動は当面の間行いません。

・旅行遠征活動は当面休止し、収束状況を勘案しつつ再開時期は慎重に検討します。

 

 

【まとめ】

危惧していた第2波を迎えた中、一方では帰省の自粛よびかけや県独自の緊急事態宣言の発出が行われ、また一方では経済再生、GoToキャンペーンの実施などちぐはぐな態勢になっています。

言い換えれば、どのように行動をしていくべきかは我々一人ひとりの判断に委ねられていると考えられます。

正しい情報を取得し、適切な状況判断と行動ができるよう、向き合っていく所存です。

引き続き、よろしくお願いいたします。