鉄道気分

鉄道気分な活動日誌

日本海を背に

海なし県民の性。

f:id:miniecho_123_1:20191130003312j:plain

 海バックの撮影地ではそれだけで撮影意欲がわくものです・・・。

 

 
【おしらせ】
②ブログ移行について
旧ヤフーブログより移行した記事につきまして、一部タイトルの表記に文字化け・誤字が発生しております。見つかり次第修正しております。
また、画像のアスペクト比が崩れて表示されることがあります。こちらは画像をクリック・タップして表示していただくことで正規の比率でご覧いただけます。
お見苦しく、またお手数をお掛けし申し訳ありません。

著作権保護について】↓
当ブログ内の記事について、無断転載を固く禁じます。
↓無断転載被害の件

2022 勝沼の桜

4月2日、満開の桜を目当てに勝沼ぶどう郷へ行ってきました。

 

到着し、さっそくEF64

午前中はこちら再度に日が当たりませんが、やはりかっこいい。

 

駅の下り方に移動して、メインの撮影を開始。

E353系

数年前より枝が少なくなってしまったような。

しかし、満開ですね。

 

211系

長野色と桜もよく合うなぁと思います。

 

E353系

かいじも来るので結構本数がありますね。

 

211系

このくらい引き付けてもいいかも。

 

E353系

珍しくロービーム。

変化があっていいですが、E353系はハイビームのほうが好きかも。

 

EH200貨物列車

ブロワーの排熱がメラメラしててめっちゃいい!

 

485系 華 お座敷桃源郷パノラマ号

こちらがメインの目的でした。

淡いピンクの桜と、華の濃い紫の車体がよく合うように感じます。

 

移動して、旧ホームから。

211系

 

E353系

桜の木々の真下で。

 

駅名標

復刻版ですが、味があってとても良い。

 

帰りの車内から。

勝沼臨停のかいじに乗車。

車窓からの眺めもまたいいものですね。

長野電鉄 3500系 N7編成引退 4連の見納め

3月30日、長野電鉄では3500系のN7編成引退を前に、残留しているN8編成と連結した4連でのイベント列車が運行されました。

この日は天候がよく、乗車されている方より撮影されている方の方が多いように思えました。

 

まずは、善光寺下~本郷にて。

地下から上がってくるところは撮影スペースがなさそうだったので、その少し後ろから。

ここでも十分、地上に向けて上ってくる様子がわかるかと。

長野市に居住していたこともありますが、4連をまともに撮ったのは多分初めてでした。

 

移動して、都住~桜沢にて。

ここで上下1本ずつ。

架線柱がかかる構図ですが、広角のほうは空もよく晴れ、パンも抜けたのでなかなか気に入る感じに。

 

さらに移動して、朝陽のカーブへ。

8500系

朝陽さくらラッピングが来てくれました。

ヘッドマークついてないのを撮るのは、ひさびさな気がする。

 

1000系

特急 ゆけむり。

ここでの収まりのよさは格別。

 

8500系

T3編成。

このシンプルな感じも洗練されていてよい。

 

3500系

ばっちり収まりました。

引退するN7編成を先頭に。

ここで撮影できてよかった。

 

折り返し狙いで少々移動。

1000系

夕方のいい日差し。

 

8500系

こちらも続いていい色合い。

こんな感じで撮りたいですが・・・。

 

3500系

ちょっと暗いかなぁ・・・。

もう少しギラってほしかったところでした。

 

須坂駅にて。

引退した3500・3600系が7連で見られました。

残すはN8編成のみ。

あれだけいたのに、本当に寂しくなってしまいますね。

上高地線のニューフェイス 20100形 初撮影

3月27日、上高地線にてデビューを果たした20100形を撮影してきました。

撮影ポイントは奈良井川橋梁をチョイス。

 

20100形

シンプルなデザインのなかにアクセントの効いたアルピコカラーとロゴ。

好感の持てる顔つき。

なかなか悪くないなぁと思いました。

 

3000形

対して、こちらは置き換えの迫る存在に。

やはり見慣れた存在なだけに、引退が見えてきたのは寂しさを感じます。

しっかり記録していきたいものです。

新潟車両センター 115 系&143 系コンプリート撮影会

3月26日、新潟車両センターにて「115 系&143 系コンプリート撮影会」と題し、新潟で活躍した115系を一堂に会して撮影会が開催されました。

3月のダイヤ改正にて全編成の運用を終了した115系

引退は寂しいものですが、引退したからこそ実現した撮影会。

小雨の中でしたが、全体の並びをはじめ、いろいろと撮影しました。

 

撮影開始。

全体並び

115系せいぞろい。

クモヤも含めすべてが前照灯を点灯している光景は圧巻でした。

 

反対側から

ホロがついているだけでいかつい印象。

 

近づいての並び

いろいろと撮影しましたが、やはり二次三次新潟色の組み合わせ、新旧弥彦色の組み合わせが好きですね。

 

N40編成

この編成は特に思い入れの強いもの。

長野のN9編成時代、乗るのも撮るのもよくやりました。

 

弥彦の並び

この組み合わせを狙って運用を照合していたものです。

 

N40編成側から並び

貫禄たっぷりの面々を存分に味わって。

 

あとはスナップ的にいろいろ撮りまして・・・。

こうして一堂に会し、前照灯で照らす先に何を見ているのか・・・。

もう会えないと思うと本当に寂しいもの。

ここ数年幾度となく通って撮影した彼らの姿。

心に刻み込み、別れました。

最後にこうした素敵な企画を開催いただいた関係各位に、心より感謝を申し上げます。

相鉄10000系長野出場 甲種輸送を追う

3月21日、長野に入場していた相鉄の10000系が出場し、甲種輸送にて所属区へ回送されました。

長野発は夕方になりましたが、ところによっては日が差した撮影地もあったよう。

私はもっぱら日差しを期待せず、羽根尾信号場跡にて撮影していました。

 

EH200貨物列車

甲種もEH200なので、参考になりますね。

 

383系

最近では10連もぼちぼちみられるようになったと思います。

 

EH200+相鉄10000系

編成の収まりはよかったかなぁと。

日差しがないのは想定済みでしたが、ちょっと全体的に色が薄いですね。

 

EH200+相鉄10000系

少し南下して、坂北手前で後打ち狙い。

10分早ければまだなんとか見れる写真になったんですが・・・。

 

南松本にて

発車まで見送って撤収。

地元路線を相鉄が走っている。

すごく違和感のあるこの光景がたまりませんね。

115系新潟車 本線走行の姿、最後の撮影

3月10日、ダイヤ改正目前となり、去就が注目されていた115系の撮影に行ってきました。

撮影地はこれまで何度も通った分水。

狙うのはいつも通り、6連の125M。

 

115系 N34+N38編成

f:id:miniecho_123_1:20220404034959j:plain

f:id:miniecho_123_1:20220404034956j:plain

後日談ではありますが、125Mに115系が充当されたのはこれが最後だったようで。

最後にN34編成の白地の普通幕も撮影でき、大変良かったです。

組み合わせ相手がN38編成、1000番代トップナンバーというのも思い入れがある編成で感慨深いですね。

 

115系 N35編成

f:id:miniecho_123_1:20220404035002j:plain

f:id:miniecho_123_1:20220404035004j:plain

出雲崎付近まで移動し、129M。

結果的に運用についている新潟の115系、これが最後の記録となってしまいました。

新潟車で、一番新潟らしくて好きだった二次新潟色

これが最後の撮影となったのも切ないような、嬉しいような。

なお、翌日の改正前日をもって115系新潟車はすべて運用を終了。

もう本線で会えなくなってしまったという事実が、本当に寂しさを募らせます。

改めて、長い間の活躍に労いを。感謝を。