鉄道気分

鉄道気分な活動日誌

日本海を背に

海なし県民の性。

f:id:miniecho_123_1:20191130003312j:plain

 海バックの撮影地ではそれだけで撮影意欲がわくものです・・・。

 

 
【おしらせ】
①県内撮影活動の再開とその他指針について
②ブログ移行について
旧ヤフーブログより移行した記事につきまして、一部タイトルの表記に文字化け・誤字が発生しております。見つかり次第修正しております。
また、画像のアスペクト比が崩れて表示されることがあります。こちらは画像をクリック・タップして表示していただくことで正規の比率でご覧いただけます。
お見苦しく、またお手数をお掛けし申し訳ありません。

251系廃車回送 in南松本&明科

 5月20日、251系の2本目の廃車回送がありました。

前回は下諏訪駅で撮影しましたが、やはり地元を通過していく姿を見たいと思いたち、南松本へ。

 

5880レ。

f:id:miniecho_123_1:20200712002227j:plain

発車を待つ5880レはエンド揃いの原色重連+ヨ2両付。

これをメインにしてもいいくらいのネタでしたが、今回は前哨戦。

発車を見送りまして・・・。

 

211系。

f:id:miniecho_123_1:20200712002231j:plain

バックショット流しの練習。

停車なので速度遅めであまり練習にはなりませんが・・・。

 

EF64+251系。

f:id:miniecho_123_1:20200712002235j:plain

 本番はこんな感じに。

そこそこ止まりましたがちょいブレ。

まぁ、結構いいスピードで来たのでビビッていた中ではまずまずかなぁと。

それでも消化不良だったので、長時間停車のある明科へ。

 

EF64+251系。

f:id:miniecho_123_1:20200712002244j:plain

f:id:miniecho_123_1:20200712002247j:plain

f:id:miniecho_123_1:20200712002253j:plain

 着いてなお時間があったので、じっくりと眺めていられました。

特徴的な251系の展望席とEF64の連結部も。

できることならもう一度、この席で旅行したかった・・・。

何度見ても廃車回送は寂しいものがありますね。

251系廃車回送 in下諏訪

 4月の記事を出す前に6月の話題をしてしまいました・・・。

今回は時を戻して4月22日。

251系初の廃車回送としてRE-3編成が長野へ送られる姿を見送ってきました。

 

EF64+251系。

f:id:miniecho_123_1:20200712001956j:plain

停目付近は先客さんが待機されていたので、ホーム中程から。

AFで流しはやはり緊張しますが、無事撮れました。

まぁ、ゆっくり来てくれましたしね。

 

連結部。

f:id:miniecho_123_1:20200712002001j:plain

f:id:miniecho_123_1:20200712002006j:plain

251系の特徴的な展望席。

EF64を眺めながらの乗車も良さそうだなぁなんて考えてしまいます。

 

わずかな停車中に最後部へ。

f:id:miniecho_123_1:20200712002015j:plain

照明に照らされ、闇夜に浮かぶスーパービュー。

251系が引退なんて。

いやでも時代の流れを感じずにはいられませんでした。

大糸線の朝 工臨を狙う in梓橋

6月10日、EF64-37牽引の工臨を朝から狙ってきました。

大糸線の日の出時刻と光線のバランスを考えた結果、側逆光になる梓橋で。


EF64-37+チキ。

f:id:miniecho_123_1:20200712002451j:plain

f:id:miniecho_123_1:20200712002454j:plain

予定より少し遅れての通過でした。

もう少し淡い日差しだったらよかったかもしれませんが、アルプスバックで工臨を撮れたのは満足でした。


場所を移して、南松本。

f:id:miniecho_123_1:20200712002459j:plain

f:id:miniecho_123_1:20200712002503j:plain

ここにEF64-0がいる光景は何年ぶりに見たことでしょう。

少し昔を思い出して懐かしさに浸った朝でした。

 

大糸線増結E127系を狙う in安曇沓掛

大糸線では一部普通列車の混雑緩和を目的として、増結運転が行われていました。

E127系の4両編成での運用は普段は朝夜の一部列車に限られているためなかなか撮影には厳しいところがありますが、このたび夕方の上り列車が増結の対象になったので沓掛で狙ってきました。

 

4月14日、この日の天候は晴れ。

爺ヶ岳五竜岳の稜線を期待して行きましたが・・・。

 

E353系 特急 あずさ。

f:id:miniecho_123_1:20200712001915j:plain

うっすら雲がかかっていました。

まぁ、真っ白になってしまうこともあることを考えれば、このくらいは許容範囲かなぁと。

ダイヤ改正大糸線の上りあずさは時刻が繰り下がり、時期によっては夕方に近い光線を得られるようになりました。

 

周囲にいらした皆さんはあずさの通過後いなくなってしまいましたが、私の目的はこの後の列車。

 

E127系

f:id:miniecho_123_1:20200712001920j:plain

 2両では少し物足りない構図ですが、4両ではそれなりのバランス感で撮れました。

朝の4連は側の光線を得られないので、こんな感じで撮れるのはうれしいものです。

善光寺御開帳以来の6連運転も復活しないかなぁと・・・。

 

(現在E127系での増結運転は終了しています。)

2020春 九州周遊旅行~7日目・終章~

【3月27日】

 

このシリーズの投稿をはじめて早2か月。

やっと最終回です。

 

旅行最終日のこの日は雨の長崎から。

結局、長崎の滞在中はずっと雨。

沿線での撮影もできなかったので、またぜひ再訪したいものです。

できればキハ66系が残っているうちに・・・。

 

キハ66系。

f:id:miniecho_123_1:20200706005518j:plain

長崎からは長与経由で諫早へ抜けるルートでしたので、このキハ66に乗れるのではと思っていましたが・・・。

 

キハ200系。

f:id:miniecho_123_1:20200706005523j:plain

結局こちらのキハ200系でした。

思えばこの旅行中、この車両にはよくお世話になりました。

 

415系

f:id:miniecho_123_1:20200706005527j:plain

こちらは乗りたかったが乗れなかった列車。

結局ステンレスの415系には乗れないまま帰路へ。

 

車窓から・・・。

f:id:miniecho_123_1:20200706014428j:plain

晴れていれば最高なんだろうなぁと・・・。

長崎本線(長与経由)の大草~東園の間は大村湾に沿って進む区間

福山雅治さんの楽曲「道標」にある「弓なりに続く線路」もここ、東園駅近くのロケーションがモデルになっています。

ここでも撮影できれば良かった・・・。

 

さて、諫早からはかもめ27号で博多へ。

途中大雨で心配でしたが、無事定時に到着し・・・。

博多からはこの列車。

 

500系

f:id:miniecho_123_1:20200706005540j:plain

1年9か月振りの500系

こだま852号で、延々と新大阪を目指します。

時間にして5時間10分。

かつてのスピードスターをじっくり味わいます。

 

乗車したのは・・・。

f:id:miniecho_123_1:20200706005532j:plain

f:id:miniecho_123_1:20200706005536j:plain

グリーン車の6号車を迷わず選択。

乗るならやはりこの車両でしょう。

普通車化されていますが、重厚感のある座席は健在。

 実は500系の乗車はかなり楽しみにしていまして。

何度乗っても500系の特別感は格別でした。

f:id:miniecho_123_1:20200706005548j:plain

思えば現役新幹線最古参になってしまった500系

また乗る機会があればいいなぁと。

 

最後は211系。

f:id:miniecho_123_1:20200706005544j:plain

 JR東海にあっては2編成のみの国鉄型。

もちろん貴重なんですが、なんだか名古屋駅にいくたびよく見かけているような・・・。

こちらを横目にしなの23号でシメになりました。

 

【まとめ】

7日間にわたる長期の旅行になりました。(個人的にこの規模は初めてでした。)

ほとんど訪れたことのなかった九州地方を訪問し、また新たな角度から鉄道を見つめることができたと思います。

感じた魅力や発見を発信していけるよう、今後につなげていきたいと思います。

終盤の雨模様はありましたが、ほぼ平常通り、予定通りに行動できた安定した行程でした。

 

長期にわたる九州旅行シリーズ、ご覧いただきましてありがとうございました。

2020春 九州周遊旅行~6日目・長崎駅~

続きます。

 

今回は長崎駅に到着したところから。

f:id:miniecho_123_1:20200620235300j:plain

この旅行、行程最後の目的地にもなる長崎。

いろいろ見たかったのですが、残念ながら雨足が強く出歩くのは断念。

ただ、訪れた2日後に長崎駅の高架化が迫っていましたので、駅の様子を探訪してきました。

 

キハ66系。

f:id:miniecho_123_1:20200620235306j:plain

いきなり国鉄色のキハ66系がホームに。

長崎ではこのキハ66を必ず見たかったので、正直もう目的達成ですね。

国鉄色のキハ66は2編成いますが、こちらはトップナンバーの編成でした。

 

f:id:miniecho_123_1:20200620235311j:plain

ホームにたたずむ姿。

これに限らずですが、国鉄色の車両が持つ雰囲気はホーム全体に伝わってくるような気がします。

 

大雨の中、ホテルにチェクインして、夜の長崎駅へ。

 

キハ66系。

f:id:miniecho_123_1:20200620235317j:plain

f:id:miniecho_123_1:20200620235325j:plain

またもや国鉄色のキハ66。

ですが、こちらは唯一の100代の編成。

台車が変わっているということでしたが、それを知ったのは後日という・・・。

 

f:id:miniecho_123_1:20200620235330j:plain

夜の駅に浮かぶ姿もまた味わい深いもの。

 

キハ200系。

f:id:miniecho_123_1:20200620235336j:plain

キハ66で1編成のみのハウステンボス色は見られませんでしたが、キハ200ではこの通り撮影できました。

こちらも唯一の存在。

案外珍しいのでしょうか。

 

夜の駅構内を見る。

f:id:miniecho_123_1:20200620235347j:plain

地上の長崎駅は初訪問ながら、すぐに見納めという不思議な感覚。

 

改札。

f:id:miniecho_123_1:20200620235354j:plain

現在は撤去されてしまった旧改札。

頭端式のホームが正面に見える改札口でした。

 

415系

f:id:miniecho_123_1:20200620235359j:plain

ステンレス車体415系

こちらも乗りたいところですが・・・。

 

f:id:miniecho_123_1:20200620235341j:plain

キハ66系に乗車。

翌日も乗れるかもしれないと思いましたが、乗れずじまいはいやなので隣の浦上まで乗車することに。

ボックスシートが並んでいそうな見た目ですが、車内は117系電車にも似た転換クロスシート

気動車の転換クロスはあまり乗った経験がないので、新鮮さを感じてしまいました。

心地よいディーゼル音に浸りながら、すぐに到着。

 

f:id:miniecho_123_1:20200620235405j:plain

やっぱり前照灯が点いていたほうがカッコいいですね。

 

浦上駅前の電停で路面電車も撮影。

f:id:miniecho_123_1:20200620235410j:plain

夜はなんとも難しい・・・。

 

そんなこんなで十数分後の列車で戻りまして。

長崎駅

f:id:miniecho_123_1:20200620235416j:plain

 旧改札はまだ通路として使われるわけで。

しばらくこの景色はみられるんでしょうかね。

 

さて、次回はいよいよ最終日の予定です。

あぁ、長い・・・。

2020春 九州周遊旅行~6日目・九州新幹線・肥薩線+α~


さて、こんなタイトルですが、5日目夕方の様子を少し・・・。

 

翌朝からの行動のため、事前にレンタカーを手配してホテルにチェックイン。

晩ごはんがてら、800系で新八代~熊本の一区間だけ乗ってきました。

 

800系。

f:id:miniecho_123_1:20200615013346j:plain

こちらは下り列車。

なかなか見られない車両なだけに、乗車も撮影も機会が限られてしまいます。

乗り心地は新幹線の中ではかなり好きな方でした。

 

熊本城。

f:id:miniecho_123_1:20200615013349j:plain

f:id:miniecho_123_1:20200615013353j:plain

中には入れなかったのですが、熊本市役所の展望ロビーからライトアップされているのを見られました。

 

 

【3月26日】

ここから本編です。

6日目は朝から新幹線撮影へ。

 

 九州新幹線屈指の撮影地、球磨川橋梁に来てみたものの・・・。

時折小雨の降るあいにくの天気で、しかも早朝の新幹線撮影。

露出が稼げず残念な結果に・・・。

 

800系。

f:id:miniecho_123_1:20200615013356j:plain

f:id:miniecho_123_1:20200615013400j:plain

この区間で800系を撮るなら、朝の時間帯がメインになるのですが・・・。

日差しが弱いのは厳しいですね。

 

800系。

f:id:miniecho_123_1:20200615013404j:plain

f:id:miniecho_123_1:20200615013409j:plain

かわいい顔つきの新800系。

7DⅡと6Dの2台体制で撮っていますが、2枚目の6Dの写真の方が色乗りが良く感じます。

 

800系。

f:id:miniecho_123_1:20200615013413j:plain

f:id:miniecho_123_1:20200615013417j:plain

この日一番まともに撮れた800系。

それでもISO感度2000ですが、まずまず許せる仕上がりになったので。

 

N700系

f:id:miniecho_123_1:20200615013421j:plain

f:id:miniecho_123_1:20200615013426j:plain

8両編成の収まりがなかなかいいですね。

少し明るくなってきましたが、ここからはN700系ばかりなので撤退。

下に走る肥薩線に移ります。

 

と、いうことで球磨川に沿ってさらに進み、段~坂本のポイントへ。

 

キハ47形 特急 いさぶろう。(いさぶろう・しんぺい)

f:id:miniecho_123_1:20200615013434j:plain

2機セットしている余裕がなかったので、背景を広めにとった構図で。

雨模様で暗くなりがちですが、赤い車体が鮮やかに映えますね。

 

8620形+50系 SL人吉

f:id:miniecho_123_1:20200615013438j:plain

f:id:miniecho_123_1:20200615013442j:plain

球磨川を取り込んだ構図と車両メインの2カットで。

坂本駅停車なので煙はどうかなぁと思っていましたが、十分噴出してくれました。

やはり、いつみてもSLは魅力的拏存在ですね。

 

キハ47形 特急 かわせみ やませみ。

f:id:miniecho_123_1:20200615013445j:plain

f:id:miniecho_123_1:20200615013449j:plain

観光列車が続いて通過する時間。

バリエーションが多くて撮っていて面白いですね。

しかしこのデザインは背景に溶け込んでしまう・・・。

 

キハ40系。

f:id:miniecho_123_1:20200615013453j:plain

 朝以来5時間ぶりにやってくる普通列車

前照灯がLED化されていますね・・・。

これはなんとも似合わない・・・。

 

と、雨脚が強くなってきたところで撤退。

 新八代からさくら560号、新鳥栖乗り換えでかもめ27号へ。

長崎まで向かいます。

 

新鳥栖にて。

f:id:miniecho_123_1:20200620192919j:plain

f:id:miniecho_123_1:20200620192924j:plain

乗った885系はトップナンバーでした。

 

次回は長崎駅の様子を・・・。