鉄道気分

鉄道気分な活動日誌

2023年秋の立場川

2023年11月3日、色付きが始まったカラマツバックで立場川橋梁の撮影をしてきました。

 

E353系

早速のE353系は12両編成。

燃えるような色付にはまだ足りませんでしたが、これはこれで美しい色合いかと思いました。

 

これだけ撮って俯瞰へ。

E257系

後打ちですが。

狙っていないとよく遭遇するもので。

 

211系

この構図は3両でも収まりがいいのが気に入っているポイントでもありますね。

 

E353系

側面逆光ながら、つぶれずに済みました。

3灯なのが少し残念ですが、存在感バッチリで撮りがいのある車両ですわ。

2023年秋の鳥居峠

2023年11月1日、秋色に染まったカラマツを求め、鳥居峠に出かけてきました。

 

早速ですが。

313系

黄金色の色づきという感じで、美しかったです。

ワイドと若干のズームで比較しましたが、青空と山並みでワイドに軍配ですね。

 

383系

383系もかっこいいですが、3両限界なのが・・・。

昔はもっと見通せていたようで、うらやましい限りです。

屋代駅135周年記念イベント

2023年10月29日、この日は屋代駅にて開催されていた「屋代駅135周年記念イベント」に参加してきました。

 

EF64

駅に着いて真っ先に目に入ったロクヨン

たしか事前情報はなかったはず。

ヘッドマーク付きでの展示はカッコよかったですね。

 

115系413系

115系Turkey!号と413系とやま絵巻号の並び。

とやま絵巻の入場もまさかでしたが、この展示を企画していただくのもまさかでした。

白と黒の車体が並び、カメラの設定はなかなか試されるものですね(笑)

 

途中ではろくもんとの共演も。

独特な車体色の3編成が相対する、なんとも言えない雰囲気を感じました。

 

屋代線ホームではとやま絵巻の車内展示も。

車両展示もさることながら、このホームに立つのも何年振りかと感動しておりました。

 

そのあとは名残惜しく並びを撮影。

 

S11編成単独も撮影。

413系が長野県内でみられるという思いがけない光景を胸に刻み、充実の撮影となりました。

冠雪の北アルプスバックを往く上高地線を撮る

2023年10月22日、このシーズンも冠雪が見られるようになり、さっそく爺ヶ岳鹿島槍五竜岳を背に走る上高地線をサイドで狙ってきました。

 

20100形

いい眺めでしたが、山体に雲がかかってしまいました。

雲の消えることを祈りながら折り返しを待ちます。

 

20100形

爺ヶ岳の上に少しだけ雲が出ましたが、これくらいならばあまり気にならず。

遠くまで見通せたので、ワイドに白馬三山まで入れて。

美しい情景でした。

キヤ95パン上げ検測を撮る

2023年10月21日、キヤ95系がパン上げ状態で検測するということで、中央西線は本山宿で撮影しました。

 

キヤ95系

上下とも同じ本山宿にて。

上り列車は残念ながら曇ってしまいましたが、パン上げ走行を無事撮影できました。

緑の木々をバックに車体の黄色がいいさし色になってくれました。

E217系 Y20編成 廃車回送

2023年10月18日、E217系廃車回送がありました。

日に日に日没が早くなる時季でしたが、露出は大丈夫だろうと立場川橋梁に向かいました。

今回は旧橋梁を前面に、疑似的にボルチモアトラスを渡る姿を狙いました。

 

EF64+E217系

今回は基本編成でしたので、ダブルデッカーも撮影できました。

淡い日差しがある逆光側からでしたが、車体色もよく出てくれてよかったですね。

383系L編成 初撮影

2023年10月16日、この前日にしなの号にL編成が組成されたと聞き、折り返しの翌日運用を狙いました。

 

383系 特急しなの4号

姨捨公園にて。

この日は出勤前でしたので、このしなの4号で来てほしかったですが、こちらはよくあるJ編成でした。

 

383系 特急しなの6号

お目当てのL編成が来ました。

383系の引退までに見られるのか、と思っていた存在。

地味な着眼点かもしれませんが、組成の多さこそ383系の魅力だろうと。

このL編成はその骨頂のような存在ですから、撮影できて本当に嬉しかったですね。